List データ型 

LYAHFGG:

一方、[3,8,9] のような値は複数の計算結果を含んでいるとも、複数の候補値を同時に重ね合わせたような1つの値であるとも解釈できます。リストをアプリカティブ・スタイルで使うと、非決定性を表現していることがはっきりします。

まずは Applicative としての List を復習する:

scala> import cats._, cats.data._, cats.implicits._
import cats._
import cats.data._
import cats.implicits._

scala> (List(1, 2, 3) |@| List(10, 100, 100)) map { _ * _ }
res0: List[Int] = List(10, 100, 100, 20, 200, 200, 30, 300, 300)

それでは、非決定的値を関数に食わせてみましょう。

scala> List(3, 4, 5) >>= { x => List(x, -x) }
res1: List[Int] = List(3, -3, 4, -4, 5, -5)

モナディックな視点に立つと、List というコンテキストは複数の解がありうる数学的な値を表す。それ以外は、for を使って List を操作するなどは素の Scala と変わらない:

scala> for {
         n <- List(1, 2)
         ch <- List('a', 'b')
       } yield (n, ch)
res2: List[(Int, Char)] = List((1,a), (1,b), (2,a), (2,b))

Contents