Apply 

Functors, Applicative Functors and Monoids:

ここまではファンクター値を写すために、もっぱら 1 引数関数を使ってきました。では、2 引数関数でファンクターを写すと何が起こるでしょう?

scala> import cats._, cats.data._, cats.implicits._
import cats._
import cats.data._
import cats.implicits._
scala> val hs = Functor[List].map(List(1, 2, 3, 4)) ({(_: Int) * (_:Int)}.curried)
hs: List[Int => Int] = List(scala.Function2$$Lambda$2615/1775702934@ff9482f, scala.Function2$$Lambda$2615/1775702934@68fa8287, scala.Function2$$Lambda$2615/1775702934@1ba3425e, scala.Function2$$Lambda$2615/1775702934@10989ba5)
scala> Functor[List].map(hs) {_(9)}
res7: List[Int] = List(9, 18, 27, 36)

LYAHFGG:

では、ファンクター値 Just (3 *) とファンクター値 Just 5 があったとして、 Just (3 *) から関数を取り出して Just 5 の中身に適用したくなったとしたらどうしましょう?

Control.Applicative モジュールにある型クラス Applicative に会いに行きましょう!型クラス Applicative は、2つの関数 pure<*> を定義しています。

Cats は ApplicativeApplyApplicative に分けている。以下が Apply のコントラクト:

/**
 * Weaker version of Applicative[F]; has apply but not pure.
 *
 * Must obey the laws defined in cats.laws.ApplyLaws.
 */
@typeclass(excludeParents = List("ApplyArityFunctions"))
trait Apply[F[_]] extends Functor[F] with Cartesian[F] with ApplyArityFunctions[F] { self =>

  /**
   * Given a value and a function in the Apply context, applies the
   * function to the value.
   */
  def ap[A, B](ff: F[A => B])(fa: F[A]): F[B]

  ....
}

ApplyFunctorCartesian、そして ApplyArityFunctions を拡張することに注目してほしい。 <*> 関数は、Cats の Apply では ap と呼ばれる。(これは最初は apply と呼ばれていたが、ap に直された。+1)

LYAHFGG:

<*>fmap の強化版なのです。fmap が普通の関数とファンクター値を引数に取って、関数をファンクター値の中の値に適用してくれるのに対し、<*> は関数の入っているファンクター値と値の入っているファンクター値を引数に取って、1つ目のファンクターの中身である関数を2つ目のファンクターの中身に適用するのです。

Applicative Style 

LYAHFGG:

Applicative 型クラスでは、<*> を連続して使うことができ、 1つだけでなく、複数のアプリカティブ値を組み合わせて使うことができます。

以下は Haskell で書かれた例:

ghci> pure (-) <*> Just 3 <*> Just 5
Just (-2)

Cats には apply 構文というものがある。

scala> (3.some, 5.some) mapN { _ - _ }
res8: Option[Int] = Some(-2)
scala> (none[Int], 5.some) mapN { _ - _ }
res9: Option[Int] = None
scala> (3.some, none[Int]) mapN { _ - _ }
res10: Option[Int] = None

これは Option から Cartesian が形成可能であることを示す。

Apply としての List 

LYAHFGG:

リスト(正確に言えばリスト型のコンストラクタ [])もアプリカティブファンクターです。意外ですか?

apply 構文で書けるかためしてみよう:

scala> (List("ha", "heh", "hmm"), List("?", "!", ".")) mapN {_ + _}
res11: List[String] = List(ha?, ha!, ha., heh?, heh!, heh., hmm?, hmm!, hmm.)

*><* 演算子 

Apply<**> という 2つの演算子を可能とし、これらも Apply[F].map2 の特殊形だと考えることができる。

定義はシンプルに見えるけども、面白い効果がある:

scala> 1.some <* 2.some
res12: Option[Int] = Some(1)
scala> none[Int] <* 2.some
res13: Option[Int] = None
scala> 1.some *> 2.some
res14: Option[Int] = Some(2)
scala> none[Int] *> 2.some
res15: Option[Int] = None

どちらか一方が失敗すると、None が返ってくる。

Option syntax 

次にへ行く前に、Optiona 値を作るために Cats が導入する syntax をみてみる。

scala> 9.some
res16: Option[Int] = Some(9)
scala> none[Int]
res17: Option[Int] = None

これで (Some(9): Option[Int])9.some と書ける。

Apply としての Option 

これを Apply[Option].ap と一緒に使ってみる:

scala> import cats._, cats.data._, cats.implicits._
import cats._
import cats.data._
import cats.implicits._
scala> Apply[Option].ap({{(_: Int) + 3}.some })(9.some)
res18: Option[Int] = Some(12)
scala> Apply[Option].ap({{(_: Int) + 3}.some })(10.some)
res19: Option[Int] = Some(13)
scala> Apply[Option].ap({{(_: String) + "hahah"}.some })(none[String])
res20: Option[String] = None
scala> Apply[Option].ap({ none[String => String] })("woot".some)
res21: Option[String] = None

どちらかが失敗すると、None が返ってくる。

昨日の simulacrum を用いた独自型クラスの定義で見たとおり、 simulacrum は型クラス・コントラクト内で定義された関数を演算子として (魔法の力で) 転写する。

scala> ({(_: Int) + 3}.some) ap 9.some
res22: Option[Int] = Some(12)
scala> ({(_: Int) + 3}.some) ap 10.some
res23: Option[Int] = Some(13)
scala> ({(_: String) + "hahah"}.some) ap none[String]
res24: Option[String] = None
scala> (none[String => String]) ap "woot".some
res25: Option[String] = None

Apply の便利な関数 

LYAHFGG:

Control.Applicative には liftA2 という、以下のような型を持つ関数があります。

liftA2 :: (Applicative f) => (a -> b -> c) -> f a -> f b -> f c .

Scala ではパラメータが逆順であることを覚えているだろうか。 つまり、F[B]F[A] を受け取った後、(A, B) => C という関数を受け取る関数だ。 これは Apply では map2 と呼ばれている。

@typeclass(excludeParents = List("ApplyArityFunctions"))
trait Apply[F[_]] extends Functor[F] with Cartesian[F] with ApplyArityFunctions[F] { self =>
  def ap[A, B](ff: F[A => B])(fa: F[A]): F[B]

  def productR[A, B](fa: F[A])(fb: F[B]): F[B] =
    map2(fa, fb)((_, b) => b)

  def productL[A, B](fa: F[A])(fb: F[B]): F[A] =
    map2(fa, fb)((a, _) => a)

  override def product[A, B](fa: F[A], fb: F[B]): F[(A, B)] =
    ap(map(fa)(a => (b: B) => (a, b)))(fb)

  /** Alias for [[ap]]. */
  @inline final def <*>[A, B](ff: F[A => B])(fa: F[A]): F[B] =
    ap(ff)(fa)

  /** Alias for [[productR]]. */
  @inline final def *>[A, B](fa: F[A])(fb: F[B]): F[B] =
    productR(fa)(fb)

  /** Alias for [[productL]]. */
  @inline final def <*[A, B](fa: F[A])(fb: F[B]): F[A] =
    productL(fa)(fb)

  /**
   * ap2 is a binary version of ap, defined in terms of ap.
   */
  def ap2[A, B, Z](ff: F[(A, B) => Z])(fa: F[A], fb: F[B]): F[Z] =
    map(product(fa, product(fb, ff))) { case (a, (b, f)) => f(a, b) }

  def map2[A, B, Z](fa: F[A], fb: F[B])(f: (A, B) => Z): F[Z] =
    map(product(fa, fb))(f.tupled)

  def map2Eval[A, B, Z](fa: F[A], fb: Eval[F[B]])(f: (A, B) => Z): Eval[F[Z]] =
    fb.map(fb => map2(fa, fb)(f))

  ....
}

2項演算子に関しては、map2 を使うことでアプリカティブ・スタイルを隠蔽することができる。 同じものを 2通りの方法で書いて比較してみる:

scala> (3.some, List(4).some) mapN { _ :: _ }
res26: Option[List[Int]] = Some(List(3, 4))
scala> Apply[Option].map2(3.some, List(4).some) { _ :: _ }
res27: Option[List[Int]] = Some(List(3, 4))

同じ結果となった。

Apply[F].ap の 2パラメータ版は Apply[F].ap2 と呼ばれる:

scala> Apply[Option].ap2({{ (_: Int) :: (_: List[Int]) }.some })(3.some, List(4).some)
res28: Option[List[Int]] = Some(List(3, 4))

map2 の特殊形で tuple2 というものもあって、このように使う:

scala> Apply[Option].tuple2(1.some, 2.some)
res29: Option[(Int, Int)] = Some((1,2))
scala> Apply[Option].tuple2(1.some, none[Int])
res30: Option[(Int, Int)] = None

2つ以上のパラメータを受け取る関数があったときはどうなるんだろうかと気になっている人は、 Apply[F[_]]ApplyArityFunctions[F] を拡張することに気付いただろうか。 これは ap3map3tuple3 … から始まって ap22map22tuple22 まで自動生成されたコードだ。

Apply則 

Apply には合成則という法則のみが1つある:

trait ApplyLaws[F[_]] extends FunctorLaws[F] {
  implicit override def F: Apply[F]

  def applyComposition[A, B, C](fa: F[A], fab: F[A => B], fbc: F[B => C]): IsEq[F[C]] = {
    val compose: (B => C) => (A => B) => (A => C) = _.compose
    fa.ap(fab).ap(fbc) <-> fa.ap(fab.ap(fbc.map(compose)))
  }
}

Contents

猫番
    1. Apply