FlatMap 

今日はすごいHaskellたのしく学ぼうの新しい章「モナドがいっぱい」を始めることができる。

モナドはある願いを叶えるための、アプリカティブ値の自然な拡張です。その願いとは、「普通の値 a を取って文脈付きの値を返す関数に、文脈付きの値 m a を渡したい」というものです。

Cats は Monad 型クラスを FlatMapMonad という 2つの型クラスに分ける。 以下が[FlatMap の型クラスのコントラクト]だ:

@typeclass trait FlatMap[F[_]] extends Apply[F] {
  def flatMap[A, B](fa: F[A])(f: A => F[B]): F[B]

  def tailRecM[A, B](a: A)(f: A => F[Either[A, B]]): F[B]

  ....
}

FlatMap が、Applicative の弱いバージョンである Apply を拡張することに注目してほしい。これらが演算子だ:

class FlatMapOps[F[_], A](fa: F[A])(implicit F: FlatMap[F]) {
  def flatMap[B](f: A => F[B]): F[B] = F.flatMap(fa)(f)
  def mproduct[B](f: A => F[B]): F[(A, B)] = F.mproduct(fa)(f)
  def >>=[B](f: A => F[B]): F[B] = F.flatMap(fa)(f)
  def >>[B](fb: F[B]): F[B] = F.flatMap(fa)(_ => fb)
}

これは flatMap 演算子とシンボルを使ったエイリアスである >>= を導入する。他の演算子に関しては後回しにしよう。とりあえず標準ライブラリで flatMap は慣れている:

scala> import cats._, cats.data._, cats.implicits._
import cats._
import cats.data._
import cats.implicits._

scala> (Right(3): Either[String, Int]) flatMap { x => Right(x + 1) }
res0: Either[String,Int] = Right(4)

Option から始める 

本の通り、Option から始めよう。この節では Cats の型クラスを使っているのか標準ライブラリの実装なのかについてはうるさく言わないことにする。 以下がファンクターとしての Option:

scala> "wisdom".some map { _ + "!" }
res1: Option[String] = Some(wisdom!)

scala> none[String] map { _ + "!" }
res2: Option[String] = None

Apply としての Option:

scala> ({(_: Int) + 3}.some) ap 3.some
res3: Option[Int] = Some(6)

scala> none[String => String] ap "greed".some
res4: Option[String] = None

scala> ({(_: String).toInt}.some) ap none[String]
res5: Option[Int] = None

以下は FlatMap としての Option:

scala> 3.some flatMap { (x: Int) => (x + 1).some }
res6: Option[Int] = Some(4)

scala> "smile".some flatMap { (x: String) =>  (x + " :)").some }
res7: Option[String] = Some(smile :))

scala> none[Int] flatMap { (x: Int) => (x + 1).some }
res8: Option[Int] = None

scala> none[String] flatMap { (x: String) =>  (x + " :)").some }
res9: Option[String] = None

期待通り、モナディックな値が None の場合は None が返ってきた。

FlatMap則 

FlatMap には結合律 (associativity) という法則がある:

Cats の FlatMapLaws にはあと 2つ定義してある:

trait FlatMapLaws[F[_]] extends ApplyLaws[F] {
  implicit override def F: FlatMap[F]

  def flatMapAssociativity[A, B, C](fa: F[A], f: A => F[B], g: B => F[C]): IsEq[F[C]] =
    fa.flatMap(f).flatMap(g) <-> fa.flatMap(a => f(a).flatMap(g))

  def flatMapConsistentApply[A, B](fa: F[A], fab: F[A => B]): IsEq[F[B]] =
    fab.ap(fa) <-> fab.flatMap(f => fa.map(f))

  /**
   * The composition of `cats.data.Kleisli` arrows is associative. This is
   * analogous to [[flatMapAssociativity]].
   */
  def kleisliAssociativity[A, B, C, D](f: A => F[B], g: B => F[C], h: C => F[D], a: A): IsEq[F[D]] = {
    val (kf, kg, kh) = (Kleisli(f), Kleisli(g), Kleisli(h))
    ((kf andThen kg) andThen kh).run(a) <-> (kf andThen (kg andThen kh)).run(a)
  }
}

Contents