モナディック関数の合成 

LYAHFGG:

第13章でモナド則を紹介したとき、<=< 関数は関数合成によく似ているど、普通の関数 a -> b ではなくて、a -> m b みたいなモナディック関数に作用するのだよと言いました。

Cats には Kleisli と呼ばれる A => M[B] という型の関数に対する特殊なラッパーがある:

/**
 * Represents a function `A => F[B]`.
 */
final case class Kleisli[F[_], A, B](run: A => F[B]) { self =>

  ....
}

object Kleisli extends KleisliInstances with KleisliFunctions

private[data] sealed trait KleisliFunctions {

  def pure[F[_], A, B](x: B)(implicit F: Applicative[F]): Kleisli[F, A, B] =
    Kleisli(_ => F.pure(x))

  def ask[F[_], A](implicit F: Applicative[F]): Kleisli[F, A, A] =
    Kleisli(F.pure)

  def local[M[_], A, R](f: R => R)(fa: Kleisli[M, R, A]): Kleisli[M, R, A] =
    Kleisli(f andThen fa.run)
}

Kleisli() コンストラクタを使って Kliesli 値を構築する:

scala> import cats._, cats.data._, cats.implicits._
import cats._
import cats.data._
import cats.implicits._

scala> val f = Kleisli { (x: Int) => (x + 1).some }
f: cats.data.Kleisli[Option,Int,Int] = Kleisli(<function1>)

scala> val g = Kleisli { (x: Int) => (x * 100).some }
g: cats.data.Kleisli[Option,Int,Int] = Kleisli(<function1>)

compose を使って関数を合成すると、右辺項が先に適用される。

scala> 4.some >>= (f compose g).run
res0: Option[Int] = Some(401)

andThen を使うと、左辺項が先に適用される:

scala> 4.some >>= (f andThen g).run
res1: Option[Int] = Some(500)

composeandThen は関数の合成同様に動作するが、モナディックなコンテキストを保持するのが違いだ。

lift メソッド 

Kleisli には、モナディック関数を別のアプリカティブ・ファンクターに持ち上げる lift のような面白いメソッドがいくつかある。 と思って使ってみたけども、壊れている事に気付いたので、これが修正版だ #354:

  def lift[G[_]](implicit G: Applicative[G]): Kleisli[λ[α => G[F[α]]], A, B] =
    Kleisli[λ[α => G[F[α]]], A, B](a => Applicative[G].pure(run(a)))

使ってみる:

scala> val l = f.lift[List]
scala> List(1, 2, 3) >>= l.run

Contents