metropolitan house supply (2020.09 mixtape)

in

we prove that #BlackLivesMatter by paving a way towards every Black and Indigenous man, woman, non-binary person be a home-owner — and not like the "project," but river-view condos with access to parks, commuting route, education, cafes, and Whole Foods that they are 51% white/asian.

Spotify: https://open.spotify.com/playlist/62RqkwMDQ6k8o88fjE7Oc2?si=8tT0-NnoRUK3...
YouTube: https://www.youtube.com/playlist?list=PLSUh6oJ5ZotVrO_XPe6q_yrfcpYFegLwG
4h 29m

並列クロスビルドサンドイッチ

in
  • sbt-projectmatrix を使うことで複数の Scala バージョンや JVM/JS/Native クロスプラットフォームの並列ビルドを行うことができる。
  • sbt-projectmatrix 0.6.0 は簡潔なプロジェクト ID を生成する。
  • sbt-projectmatrix 0.6.0 はビルド内での Scala 2.13-3.0 インターオペラビリティを可能とする。

Twitter に入社しました

本日付けで Twitter の Build Team に入社しました。世界中にいる Twitter 社のデベロッパーをサポートする次世代ビルド・システムの構築に関わることになります。

このチームはモノリポ・ビルドツールである Pants の開発に関わっていて、社内のシステムを Bazel へ移行させるのが当面の責務となると思います。デベロッパー・エクスペリエンスや開発効率ということに関して熱い思いを持っているチームと一緒に働けるという、僕が願っていた仕事なので、チームの人たちや新しい課題との出会いを楽しみにしています。

また、この場を借りて過渡期に DM などで、大丈夫にしてるかとか、社内で僕のことを推薦してくれたり、プロジェクトのオファーなど色々声をかけてくれた皆さんに感謝したいです。そんな声があったので元気にやってこれました。ありがとうございます。4月に義務サバティカルが始まってから、これまで時間が無くてできなかったビルドキャッシュとか Selective functor みたいな作業をしたり、Scala Center の素晴らしい方々とコラボすることができたので、そういう意味では色々良かったなと思います。

EE Build team は「San Francisco, Remote US」というロケーションからまだ募集中みたいなので、興味のある人は応募して一緒に作業しましょう。

Travis-CI からの sbt プラグインの自動公開

本稿では Ólafur さんの olafurpg/sbt-ci-release を使って sbt プラグインのリリースを自動化してみる。sbt-ci-release の README は Sonatype OSS 向けの普通のライブラリのリリースを前提に書かれている。sbt プラグインのリリースに必要な差分以外の詳細は README を参照してほしい。

リリースを自動化することそのものがベスト・プラクティスだが、sbt プラグインのリリースに関連して特に嬉しいことがある。この方法を使うことで Bintray の sbt organization にユーザーを追加せずに、複数人で sbt プラグインのリリース権限を共有することが可能となる。これは仕事でメンテしているプラグインがあるときに便利だ。

Defx: Neovim のためのファイル・エクスプローラー・プラグイン

ファジー検索 (fzf, Command-T, Denite etc) とファイル・エクスプローラーのコンボは最強だ。Sublime Text や VS Code を開いてもこの 2つが出てきて、それでだいたい事足りる。

本稿は Neovim を頑張って設定して、ツリーヴューのファイル・エクスプローラーを作ってみようという試みだ。

sbt 1.3.12

sbt 1.3.12 パッチリリースをアナウンスする。リリースノートの完全版はここにある - https://github.com/sbt/sbt/releases/tag/v1.3.12

特に Scala Center にお礼を言いたい。バグ報告、pull request レビュー、コントリビューションがちゃんと正しい所に行くかなどメンテ活動を行うにはある程度時間がかかるが、5月中の sbt のメンテ活動は Scala Center がスポンサーしてくれた。Daryja さん始め Scala Center のメンバーは皆気軽に共同作業しやすい人たちだ。

sbt 1.3.11 からの変更点

sbt 1.3.11 で launcher 統合周りにリグレッションがあり、repositories ファイルが無視されるという形のバグが出た。sbt 1.3.12 はそれを修正する。 #5583

sbt 1.3.11

sbt 1.3.11 パッチリリースをアナウンスする。リリースノートの完全版はここにある - https://github.com/sbt/sbt/releases/tag/v1.3.11

特に Scala Center にお礼を言いたい。バグ報告、pull request レビュー、コントリビューションがちゃんと正しい所に行くかなどメンテ活動を行うにはある程度時間がかかるが、5月中の sbt のメンテ活動は Scala Center がスポンサーしてくれた。Daryja さん始め Scala Center のメンバーは皆気軽に共同作業しやすい人たちだ。

Jar Jar Abrams

in

Jar Jar Abrams は、Java ライブラリをシェーディングするユーティリティである Jar Jar Links の実験的 Scala 拡張だ。

ライブラリ作者にとって他のライブラリは諸刃の剣だ。他のライブラリを使うことは作業の二重化を避け、他のライブラリを使いたくないというのはダブルスタンダードと言われかねない。しかし、その一方で、ライブラリを追加する度にそれはユーザ側にすると間接的依存性が追加されたことになり、衝突が起こる可能性も上がることになる。これは単一のプログラム内において 1つのバージョンのライブラリしか持てないことにもよる。

このような衝突はプログラムがランタイムやフレームワーク上で実行される場合によく起こる。sbt プラグインがその例だ。Spark もそう。1つの緩和策として間接的ライブラリを自分のパッケージの中にシェーディングするという方法がある。2004年に herbyderby (Chris Nokleberg) さんは Jar Jar Links というライブラリを再パッケージ化するツールを作った。

Syndicate content