Scala コレクションのアーキテクチャ

Martin Odersky さんと Lex Spoon さんの "The Architecture of Scala Collections" を EPFL Scala Team の許可を得て翻訳しました。
eed3si9n による非公式翻訳 (user-contributed work) なので、EPFL は一切関知しません。 翻訳の間違い等があれば遠慮なく Issues などで訳者の方にご指摘ください。

Scala 2.8 アクター API

コレクション API に引き続き、Philipp Haller さんと Stephen Tu さんの "Scala 2.8 Actors API" を EPFL Scala Team の許可を得て翻訳しました。
eed3si9n による非公式翻訳 (user-contributed work) なので、EPFL は一切関知しません。これも github でホストしてるので、質問・ご意見などは Issues にどうぞ。

型クラスによる XML データバインディング

Scala 2.8 コレクション API

Martin Odersky さんと Lex Spoon さんの "The Scala 2.8 Collections API" を EPFL Scala Team の許可を得て翻訳しました。
eed3si9n による非公式翻訳 (user-contributed work) なので、EPFL は一切関知しません。 翻訳の間違い等があれば遠慮なく Issues などで訳者の方にご指摘ください。

結構長いので、github に移行しました。http://eed3si9n.github.com/scala-collections-doc-ja/

sjson: Scala の型クラスによる JSON シリアライゼーション

ver 0.7 より sjson は元のものに加えリフレクションを使わない JSON シリアライゼーションプロトコルを用意した.これはユーザが任意のオブジェクトから JSON へシリアル化する自分のプロトコルを規定できるようになった.リフレクションによる JSON シリアライゼーションではアノテーションで行っていたものをカスタムプロトコルを自分で実装することで実現することができる.

Scala 型クラスへのリファクタリング

二週間ほど前に Scala の暗黙の(implicit)パラメータを用いた型クラスの実装について書いた.型クラスはある抽象体(abstraction)についての直交した関心事を,抽象体そのものに直接組み込むことなくモデル化することができる.これでコアな抽象体から余計なものを取り去って,別々の独立したクラス構造に変えていくことができる.最近 Akka actor のシリアライゼーションをリファクタリングして型クラスの恩恵に関する実地的な知見を得ることができたので,ここに報告したい.

Scala Implicits: 型クラス、襲来

型クラスに基づいた思考はあなたの設計の幅に価値を与えることができると思う.まずは GoF の Adapter パターンから始めよう.委譲型の Adapter はよく勧められる合成(composition)というテクニック用いて抽象体(abstraction)どうしをバインドする.

設計の直交性のときと同じ例を使うと,

case class Address(no: Int, street: String, city: String, 
  state: String, zip: String)

scalaxb

更新: scalaxb に関しては scalaxb.org から.

Syndicate content